ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
バイオダイナミック農業の生産物は、食べる人の人生の課題に気づき、行動する力を与えてくれると言われています。
ソフィア・ファーム・コミュニティはバイオダイナミック農業を実践し、心の栄養となる生産物を供給していきます。
ソフィア・ファーム・コミュニティの活動を通して、少しでも地球を癒せればと思っています。
皆様のお力をお借りして、野菜や動物を育て、環境に配慮し、
地球を癒す生き方にチャレンジする多くの方に、学びの場を提供できればと願っています。
どうぞ皆様、ソフィア・ファーム・コミュニティーの活動にご協力ください。(「ご協力へのお願い」チラシ

HP Top > 日誌Top > ベン/ Ben Campbell > volunteering

< 前のページ | ベン/ Ben Campbell BackNumber | 後ろのページ >

2015/01/19
volunteering
[ベン/ Ben CampbellComment(0)]


I've been volunteering for Japan's Bio Dynamic movement since jan 2008. Konomi has been doing it longer than I. It will be 7 years here for me and konomi volunteering together. We don't get paid by anyone to do this. We make our living with a CSA our bakery and sell a beef or two. We accept donation for the BD preparations we make. We supply all the materials for making them with this money. We live and love to make these preps. But there are still no bio dynamic cow horns in Japan, until now but they are on our cows heads right now and will not be harvested until maybe 10 to 15 years from now. We have two bio dynamic cows; one jersey female "Baby-chan" 4 years old and "Susie" a Wagyu heifer almost 2 years old. Both girls were born from an artificial insemination. So maybe they are not bio dynamic. Japan needs a Bio Dynamic bull to do the breeding that would be closer to the demeter standards. We need someone else to raise bio dynamically raised cattle and chickens for bd eggshells for our "Maria Thuns " recipe barrel compost "BC".

私は2008年1月から日本のバイオダイナミック活動のボランティアをしています。このみは私よりも長く活動しています。ここで私とこのみが一緒にボランティアをして7年間になります。私たちは誰からもお金をもらっていません。私たちは、CSAのパン屋と牛を1頭か2頭売って自分たちの(農場経営を含む)生計を立てています。私たちはバイオダイナミックの調剤用に寄付金を募っています。私たちは このお金を使って全ての資材を供給しています。私たちはこの調剤を作るために生き、調剤を作ることを愛しています。しかし、今のところまだ日本にはバイオダイナミック牛の角がありません。しかし現在は私の牛の頭に生えています。これから10年か15年は取らないでしょう。私たち には2匹のバイオダイナミック牛がいます。一匹はメスのジャージー牛で4歳の「ベイビー」、そしてもうじき2歳の和牛「スー」。2頭は人口受精で産まれました。だから、かれらは 恐らくバイオダイナミックではないのです。日本にはデメーター基準に近い繁殖させるためにバイオダイナミックの雄牛が必要です。バイオダイナミック卵の殻と”Maria Thuns " レシピのコンポ
スト”BC”のために、バイオダイナミック育ちの牛と鶏を飼育する誰か他の人が、私たちには必要です。

We have our foot in the door on a piece of land where it would be possible for us to raise up to 30 head of beef cattle and 6 dairy cattle plus goats chikens and pigs if we could find the labor and construct a few barns for feed and winter shelters. The labor can come from our community livestock manager and apprentices and volunteers.

もし私たちが働き手を見つけて、エサのための納屋と冬を越す避難所を建てられれば、30頭の肉 牛と6頭の乳牛とヤギと鶏と豚を育てられる土地への第一歩は踏み出しています。働き手は私た ちの共同体の家畜マネジャや見習いやボランティアがなります。



The land I'm talking about is right where we already are at. Over the hill from us is a farm pasture that has been abandoned for a long time before we got here. 100 hectres of that farm and ours where we are now is the perfect place for a bd farm. And we are here to do the work. But we don't have that kind of money to buy it, If Japan only knew what I know, then they would gladly give it to us. Only I can't convince them alone. So Konomi is setting up a way to form a corporation of owners. You will have to ask her for details on that.

私が話す土地は、私たちがちょうど今住んでいるところです。私たちのところから丘の向こうは、 私たちが手に入れる前に長年耕作放棄だった農場の牧草地です。100ヘクタールある農場と私たちがいるところは、BD農場をするのに完璧な場所です。そして、私たちはここで仕事をしています。しかし、私たちはそれを買うようなお金がありません。もしも、私が知ることを日本が知っているだけならば、私たちに喜んで教えてくれるでしょう。私はただ一人で説得が出来ないだけなのです。だから、このみが共同経営者の形を取っているのです。詳しくは彼女に聞いてみて下さ い。


one jersey female "Baby-chan" 4 years old
私たちのメスのジャージー牛で4歳の「ベイビー」

We will need 15 wagyu heifers and one bull. Then all the babies would be bio dynamic. The demeter standards says that to be demeter certified the cattle must be born on a bd farm any cattle brought in from outside can never be bd although they can be certified organic. So the organic cows would still give us babies until we get 30 bd cows and then we sell the orgnic cows and use their horns for preps then after that we will have bd cows and horns. But 30 cow horns is really not that much when you consider we make the preps for all of Japan. Rudolf Steiner said the best horns to use are the ones from middle aged cows. So we are talking about 10 years from now to get top quality no doubt about it bd cow horns and cow parts and chickens eggs to use on our farm and to share with others who want to use them.

私たちには15頭の和牛と1頭の雄牛が必要です。そのときには子牛全てがバイオダイナミックにな るのです。デメーター基準では、デメーターの証明を得るには牛はBD農場で生まれ、よその農場 からつれて来られたどの牛もBDにはなれず、オーガニック認証となるのです。だから、BD牛が 30頭になるまでオーガニックの牛は子牛を産んでくれて、そして私たちはオーガニック牛を売っ て調合剤に角を使い、その後、私たちは30頭のBD牛と角を得ることになります。しかし、30 頭の牛の角は、日本中の調合剤を作ろうと考えるとたかが知れています。BDに使用するのに一番 いい角は中年の牛の角であると、ルドルフシュタイナーは言いました。だから高品質の角を取る ために私たちは今から10年後について話しているのです。間違いなくBD牛角と牛の一部と鶏卵 は私たちの農場で使い、欲しい人にお分けします。

For the Jerseys I wanted to start a cow share system for them. 6 jersey cows 2 fresh milking 2 dry and expecting and 2 nursing. Boy babies are of course beef but the females are presents to apprentices on their completion of their time with us around 2 years we hope. Our cow share would include cheese, butter,yogurt and raw milk.

ジャージー牛のために、私は牛のシェアシステムを始めたいです。6頭のジャージー牛、2頭の新 鮮な牛乳用の牛、2頭の妊娠して乳のでない牛と、2頭の授乳中の牛、雄の子牛はもちろん肉牛 です。しかし、私たちのところでの願わくば約2年の見習い期間が終了したとき、雌牛は見習い へのプレゼントとなります。私たちの牛シェアは、チーズ、バター、ヨーグルト、生乳を含みます。


right:"Susie" a F1Wagyu heifer almost 2 years old
ジャージーとのF1和牛の「スー」はもうすぐ2歳です

Our livestock manager would have to raise pigs and chickens on pasture same as the cows. All livestock will be keep in accordence with the International Demeter standards as close as we can. Until we get a bull we are as close as we can be.

私たちの家畜マネジャーは、牧草地で牛と同様に豚と鶏をを育てなければいけないでしょう。全て の家畜は国際デメーター基準にできるだけ近いように飼っていくことでしょう。雄牛を得るまてできるだけ基準に近づけます。

The reason I mentioned volunteering is we need a farm sitter. We want to go to America and visit my family and to travel to some other bd organisation to recruit support for our mission here in Japan.

私がボランティアと言った理由は、私たちは農場で働く人が必要です。私たちはアメリカに行き、 私の家族を訪ね、ここ日本で私たちのミッションに適した支援者を受け入れるために、他のBD機関へと旅行したいです。




[ベン/ Ben CampbellComment(0)]

Edited by ベン/ Ben Campbell 2015/01/20 00:10:31
Last Modified 2017/01/11 20:08:28

< 前のページ | ベン/ Ben Campbell BackNumber | 後ろのページ >

コメントを投稿(Comment)

(コメントを表示する前に管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまでは表示されませんので、しばらく待ってください。)

名前(name):
(必須:ハンドルネームOK、実名OK)

URL:
(HPを知らせたい場合)

メール(mail address):
(連絡をとりたい場合)

コメント(comment):




ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
Contact us
May Peace prevail on Earth!


Copyright © 2008-2019 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com