ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
バイオダイナミック農業の生産物は、食べる人の人生の課題に気づき、行動する力を与えてくれると言われています。
ソフィア・ファーム・コミュニティはバイオダイナミック農業を実践し、心の栄養となる生産物を供給していきます。
ソフィア・ファーム・コミュニティの活動を通して、少しでも地球を癒せればと思っています。
皆様のお力をお借りして、野菜や動物を育て、環境に配慮し、
地球を癒す生き方にチャレンジする多くの方に、学びの場を提供できればと願っています。
どうぞ皆様、ソフィア・ファーム・コミュニティーの活動にご協力ください。(「ご協力へのお願い」チラシ

HP Top > 日誌Top > ベン/ Ben Campbell > contributism 貢献主義

< 前のページ | ベン/ Ben Campbell BackNumber | 後ろのページ >

2015/02/19
contributism 貢献主義
[ベン/ Ben CampbellComment(1)]


I just found out about a place in South Africa that may break the banking system and are forming a community of a no money, free energy lifestyle. Here people only "work" 3 hours a week, but have more than enough food and other resources to support another community or two. The man that founded this idea of "contributism" name is John Tellsinger gave presentation of ancient technology that just said all the things about our present situation with our government and big corporations, education and banking that other smart and awake people are saying until the end of the presentation. There he tells us what he and some others there are doing about it. He stated that it will be the small towns and communities that will lead the way towards a workable solution to our basics human rights and freedom. It is a lot like Rudolf Steiner' threefold social order which is how we wanted to form our community. Steiner says the threefold social order are the principles of freedom, equality, and brotherliness. We all know the world has to change to save our planet and evolve human beings.

私はちょうど、南アフリカにあるところを見つけました。銀行制度を壊して、お金のいらない共 同体、つまりフリーエネルギーの生活様式ができるかもしれない場所です。そこでは人々はたっ た3時間しか「働き」ません。しかし、あと一つか二つの共同体を支援するだけの十分な食料と他 の資源よりも多くのものがあります。「貢献主義」の考えを築いたジョンテルシンジャーという男 性が、先ほど述べたような古代の科学技術を発表しました。他の賢く目覚めた人々が発表の最後 まで言い続けている私たちの政府、大企業、教育や銀行業がある現在の状況全てについてです。 彼は彼と何人かがそこで行っていることを私たちに言った。私たちの人権や自由のために、その 方法を実行可能な解決方法へと率いる小さな町や共同体であろうと、彼は述べた。どのような共 同体を私たちは作りたいのかという、ルドルフシュタイナーの社会3層化運動にとても似ていま す。社会3層化運動は自由と平等と友愛についての社会論であるとシュタイナーは言いました。私 たちの地球を救うためと人類が進化するために世界は変わらなければいけないと、私たちはみん な知っています。



I have been living here with the hope that our community could do some good things.We have a chance to buy 100 plus hectres of land to build on. There is no Electricity, no buildings, no danger of being contaminated with agricultural sprays. I believe it to be the perfect place for an eco village. We Want to talk to anyone who would be interested in joining us. We could be one of those communities that start a revolution for a better way of live for us and our children. By the way Konomi and I have no children to leave this all to. So you and the community would have to take over when we have passed away. I'm already 57 years old and I may not live long enough to see it all come together like I think it can. But it must be attempted, if not by us then hopefully by you.

私たちの共同体は何かよいことができるという希望とともに、私はここに住んでいます。それに 利用ことのできる100ヘクタール以上の土地を購入する機会に恵まれました。電気がなく、ビル もなく、農薬に汚染される危険もないのです。エコビレッジに最適な場所であると、私は信じて います。私たちは参加することに興味のある誰かと話をしたいです。私たちや子供たちのために、 暮らしをよりよくするための改革を始める共同体の一員になることができます。ところで、この みと私にはこれを託せる子供がいません。だから、私たちが死んだ後、あなたと共同体が引き継 がなければいけません。私はすでに57歳で、私が考えているように全てがうまく行くようになる までは生きられないでしょう。しかし、もし私たちができなくても、あなたたちが挑戦しなけれ ばいけません。



I already have an idea how it would work. We would have a Bio Dynamic farm with a school, bakery, health center, theatre, elderly care and live off grid. Our buildings would all be earth friendly. These are just some of my ideas to open a discussion on how it can really work with you. I had imagined a group of managers with volunteers and apprentices for labor and learning.

私はすでにどのように機能するかアイディアがあります。私たちには学校、パン屋、健康センタ ー、劇場、介護施設のあるバイオダイナミック農場があり、そこで暮らすのです。私たちの建物は 全て地球にやさしいのです。それらはただ私のアイディアなので、あなたとどのように機能してい くかを話し合いをしましょう。労働や学習のためのマネジャとボランティア、見習いのグループを 私は心に描いていました



It's easy for me to imagine a no money lifestyle as I have been living without money since I got here 7 years ago. Konomi handles all the money matters. Jeff Poppen told me a farmer can't spend his money at the farm, you spend money when you go to town. I thought about that if I can eat and sleep with no money then I should do it. It doesn't mean I'm lazy, I work like a dog. But I love my work. I'm helping Konomi to make a Bio Dynamic farm for Japan. I not caught up in consumptionism. I don't need any of the material posessions any more. Life is so much easier for me when I don't have to do things I don't want to do only for money. My basic necessities are food, water and shelter. I have plenty of things to do on the farm and I like being free. I don't owe anyone except my Mother whom I will always be indebted to.

私は7年前からここでお金のない生活をしているので、お金のない生活様式を容易に想像できま す。このみがお金を全て管理しています。ジェフポッペンは「農家は彼のお金を農場に使わないん だ。町に行ったときにお金を使うんだ」と私に言いました。もしも私がお金なしに食べて寝るこ とができるなら、そうすべきだと私は考えました。私が怠け者と言うことではありません。私は犬のように働いています。けど、私は仕事を愛しています。私は日本にバイオダイナミック農場を作るこのみの手伝いをしています。私は消費主義を知りません。私には資材を保有する必要がありません。人生は、お金のためだけにしたくないことをする必要がないとき、私にとってとても 簡単になります。私が基本的に必要なのは、食料、水と住居です。私には農場でたくさんすることがあり、私は自由なのが好きです。私はいつもお金を借りている母親以外にお金を借りません。



I know how to survive in the country but would be dead, imprisoned or dangerous if I had to survive in the city. Country life is survival for me. And I can see how a lot of people can live together like I do and do some good things for our brothers and sisters. I consider myself like a monk. A monk wants to save your soul and sacrifice himself for the good of humanity as a servant. Only in addition to saving your soul I am feeding you with truly wholesome food that will heal you and the earth. My reward would be to be recognized by my community. I would be happy with that. I would not want to be paid to do it.

私はどのようにこの国で生きるか知っています。しかし、もしわたしが都会で生きるなら投獄さ れるか危険で死んでしまうでしょう。田舎暮らしで私は生き残れます。そして、私はどのようにたくさんの人々が一緒に私がしているように生活し、きょうだいに何かよいことをするのです。私 は自分を修道士のように思います。修道士はあなたの魂を救い、よい行いのために奴隷として慈 愛をささげるたいのです。さらに、私が本当に健康に良さそうな食べ物を与え、あなたの魂を救 うことだけが、あなたを癒し地球を癒すのです。私の報酬は私の共同体によって認識されるでし ょう。私はそれで幸せです。私はお金は欲しくないのです。



Think of a one wallet system. If you need something or want to go somewhere the community would support you. I don't know how to make people aware of our ideas for this community. So far it is only Konomi and I. We are getting older and the time for change is now.

ひとつのお財布システムを考えてください。もしあなたが何か必要で、どこかに行きたいとするな らば、共同体があなたを支援します。私どのように人々がこの共同体のために私たちのアイディア に気づくのか、私は知らない。今のところ、このみと私だけです。私たちはだんだんと老いてお り、変えるときは今なのです。

Please call me or Konomi and lets talk about this idea and what you want.
どうか私かこのみに声をかけて、この考えとあなたが何を望むのかお話しましょう。


(訳 天野弘子さん ありがとうございます!!!!!! Trantlated by Ms.Hiroko Amano  Great thanks!!!!!!)



[ベン/ Ben CampbellComment(1)]

Edited by ベン/ Ben Campbell 2015/02/19 20:36:42
Last Modified 2017/01/11 19:55:40

< 前のページ | ベン/ Ben Campbell BackNumber | 後ろのページ >

コメント(Comment)


Was so awesome to meet you at the hostel in Narita tonight. Thanks for the yarn. I have much food for thought now. Maybe I will find myself wwoofing too when the time is right.

投稿者(Contributor):Andrew Gills2015/05/11 23:17:53

コメントを投稿(Comment)

(コメントを表示する前に管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまでは表示されませんので、しばらく待ってください。)

名前(name):
(必須:ハンドルネームOK、実名OK)

URL:
(HPを知らせたい場合)

メール(mail address):
(連絡をとりたい場合)

コメント(comment):




ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
Contact us
May Peace prevail on Earth!


Copyright © 2008-2018 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com