ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
バイオダイナミック農業の生産物は、食べる人の人生の課題に気づき、行動する力を与えてくれると言われています。
ソフィア・ファーム・コミュニティはバイオダイナミック農業を実践し、心の栄養となる生産物を供給していきます。
ソフィア・ファーム・コミュニティの活動を通して、少しでも地球を癒せればと思っています。
皆様のお力をお借りして、野菜や動物を育て、環境に配慮し、
地球を癒す生き方にチャレンジする多くの方に、学びの場を提供できればと願っています。
どうぞ皆様、ソフィア・ファーム・コミュニティーの活動にご協力ください。

HP Top > 日誌Top > ファームメンバーの記事/ Farm member Articles > ファームの生活 ー朝仕事編ー

< 前のページ | ファームメンバーの記事/ Farm member Articles BackNumber | 後ろのページ >

2021/07/26
ファームの生活 ー朝仕事編ー
[ファームメンバーの記事/ Farm member ArticlesComment(0)]
皆さんこんにちは!
今回からファームメンバーとして書くことになった、あいです。
5月末からここソフィアファームにて研修生として働いています。

私の初めての投稿として、まずはファームでの1日を紹介したいと思います。

(と思い書きはじめたのですが、朝仕事編だけでも書きたいことがありすぎて!
「朝仕事編」「ガーデンワーク編」に分けることにします(^^;)


私はファームの敷地内に建てられた、タイニーハウスに住んでいます。
この家はBenとファームメンバーの皆さんが、私がここに来る前にセルフビルドで作ってくださったのです!
この家でほぼ日の出と共に起床し、一日が始まります。

朝は、4時40分から行われる「ゲーテの自然観察」の会からスタート。
これはバイオダイナミック農法を生み出したシュタイナーの考え学ぶことを目的として、このみさんとファームメンバーで行っています。
朝日を浴びながら、自然の対象物をじっくり観察、スケッチし、瞑想、そしてお互いの気づきを共有します。またの機会に、この会についても詳しく書けたらと思います。

そしてそれが終わると5時30分から牛たちのお世話に行きます。
ここの牛たちは、ひろーーーーい放牧地で生活しており、なんとも穏やかな、健康的な牛たちなのです。

私の仕事は、牛が飲むための水を補給し、牛舎の糞を取り除きお掃除。
牛たちが気持ちよく寝ることができるように干し草を敷いてあげます。
そしてひろーーーーい放牧地を歩いて行き、15頭いる牛たちが全員いるか確認します。
ここで、え、、それめちゃ大変やないの、、どんだけ歩くねん、、と思ったあなた。

そんなことはないのです。
牛はですね、群れで移動するのです。
だからみんなで同じところで草を食べて、またみんなで移動して食べて、休んで、という感じ。



さらには、牛たちを愛し、牛たちに愛されているBenが「come on〜〜」(発音はカモォォォォン)
と呼ぶとみんなで一斉に牛舎に集まって来たりもするのです。
私もこの境地に至りたい!笑
もちろん放牧地の遠くの方にみんなでいることもあるので、そんな日は朝の散歩がてら探しに行きます。



そしてみんながいることを確認し、牛たちをなでたり話しかけたり触れ合います。
今の時期はハエやアブがたかってしまうので、牛が自分では届かない所をさすってあげたり、
'good girl, good boy!' と声をかけてあげます。
普段から優しい声をかけていると、
いざ牛を移動させたり、危険を知らせるときに、その声色の変化に反応してくれるのだそう。

そしてもう一つの仕事は、雌牛が発情していないかを確認することです。
一頭の雌牛が発情していると、その牛が他の牛に乗っかろうとしたり、乗っかられたりします。
そして興味深いのは、雌牛同士でも、一頭の雌牛が発情していると乗っかり合いが起こるんです。
日々牛を観察していると色々な発見があります!


また、牛たちがいる牧草地には、このみさんとBenが何年もかけて調剤を撒いてきており、草の質もとても良くなっているそうです!
私も、今年の夏至の翌朝に501番を散布しました。

このように朝の牛の仕事では、単に餌をあげるのではなく、牛たちの様子をちゃんと確認したり触れ合ったりしています。

今まで書いたのは私が朝に行っている仕事で、それと同じ頃、このみさんとNeoさんは乳牛の搾乳をしています。
もちろん機械ではなく、手で搾乳しています。



私がこのファームに来て初めて気がついたことは、牛のミルクは一頭一頭味が違うということ。
牛乳を毎日4ℓ(!)飲んでいるBen曰く、クリーミーなミルクやさっぱりしているミルク、一頭ずつ個性があるそう。
たしかに、そりゃそうだ。
でもスーパーに並ぶ牛乳はぜーんぶ同じ味をしている、、、

おかしいですね、おかしいけど、それが当たり前としか思わない。
自分たちが口にしている食べ物がどのようにして生み出されているのか、少しでも知ることで、新しい気づきがたくさん生まれると思います。


さて、私たちの朝の仕事が少しでも伝わったでしょうか!?

それでは初回投稿はこの辺で、次回はガーデンワークについて書きたいと思います!



[ファームメンバーの記事/ Farm member ArticlesComment(0)]

Edited by ファームメンバー 2021/07/26 08:11:23
Last Modified 2021/07/26 09:24:39

< 前のページ | ファームメンバーの記事/ Farm member Articles BackNumber | 後ろのページ >

コメントを投稿(Comment)

(コメントを表示する前に管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまでは表示されませんので、しばらく待ってください。)

名前(name):
(必須:ハンドルネームOK、実名OK)

URL:
(任意:HPを知らせたい場合)

メール(mail address):
(任意:連絡をとりたい場合)

コメント(comment):

個人情報などは入力しないでください。
その場合はお問い合わせフォーム(Contact us)でお願いします




ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
Contact us
May Peace prevail on Earth!


Copyright © 2008-2021 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com