ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
バイオダイナミック農業の生産物は、食べる人の人生の課題に気づき、行動する力を与えてくれると言われています。
ソフィア・ファーム・コミュニティはバイオダイナミック農業を実践し、心の栄養となる生産物を供給していきます。
ソフィア・ファーム・コミュニティの活動を通して、少しでも地球を癒せればと思っています。
皆様のお力をお借りして、野菜や動物を育て、環境に配慮し、
地球を癒す生き方にチャレンジする多くの方に、学びの場を提供できればと願っています。
どうぞ皆様、ソフィア・ファーム・コミュニティーの活動にご協力ください。(「ご協力へのお願い」チラシ

HP Top > 日誌Top > このみ/ Konomi Campbell > 1月上旬のファーム 仕事も色々・・・

< 前のページ | このみ/ Konomi Campbell BackNumber | 後ろのページ >

2013/01/10
1月上旬のファーム 仕事も色々・・・
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

昨年暮れに頂いた難あり豚肉の固まり。ずっと冷凍のまま加工まで手が回らなかったのですが、人出のある今、食料が必要になり本日は肉加工の日と相成りました。


数十キロもある大きな肉の固まりを、小さく切って、ミンチ機でひき肉にしていきます。単純作業なんですが、量が多いので。。。


1日やっても終わらない・・・次の日の宿題となりました・・・


1月のシュタイナーの会に向けて、ランチ作り。
黄色と紫トップという2種類のカブを煮ました。煮ただけでも美味しい!


マッシュカボチャのサラダ。


これは、何でしょう?なんだと思いますかあ?
実は、ピーマンの葉の佃煮でございます。夏の終わりに作っておいて瓶詰めしておいたのを、再度味付け直し、登場です!


じゃ〜ん!色がキレイですね〜


今回は、フォルメン線描の体験をしました。


暮れからファームで働いてくれた台湾ガールズも、シュタイナーの会の夜が最後のファームの晩になり、ささやかながらありがとう会を。


雪も見たことない、マイナス26℃とか、27℃の気温に驚き、薪ストーブの火も上手く付けられず寒い部屋で3人抱き合っていたり、牛の世話だって、薪割りだって、初めてばかりのことでしたが、果敢に乗り越え、最後は「沢山のことを学びました!」と、明るく笑っていました。

ありがとう!Thank you very much!(左から)shadow, kinki, shan!!!
またの再会を楽しみに!See you again!



[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2013/01/18 16:27:47
Last Modified 2013/01/18 16:50:27

< 前のページ | このみ/ Konomi Campbell BackNumber | 後ろのページ >

コメントを投稿(Comment)

(コメントを表示する前に管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまでは表示されませんので、しばらく待ってください。)

名前(name):
(必須:ハンドルネームOK、実名OK)

URL:
(HPを知らせたい場合)

メール(mail address):
(連絡をとりたい場合)

コメント(comment):




ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
Contact us
May Peace prevail on Earth!


Copyright © 2008-2018 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com