ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
バイオダイナミック農業の生産物は、食べる人の人生の課題に気づき、行動する力を与えてくれると言われています。
ソフィア・ファーム・コミュニティはバイオダイナミック農業を実践し、心の栄養となる生産物を供給していきます。
ソフィア・ファーム・コミュニティの活動を通して、少しでも地球を癒せればと思っています。
皆様のお力をお借りして、野菜や動物を育て、環境に配慮し、
地球を癒す生き方にチャレンジする多くの方に、学びの場を提供できればと願っています。
どうぞ皆様、ソフィア・ファーム・コミュニティーの活動にご協力ください。(「ご協力へのお願い」チラシ

HP Top > 日誌Top > このみ/ Konomi Campbell > スイス旅行記20 ハールマンの搾乳法2

< 前のページ | このみ/ Konomi Campbell BackNumber | 後ろのページ >

2012/02/07
スイス旅行記20 ハールマンの搾乳法2
[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

さて、搾乳室の隣は、つまりドアを開けると、チーズ工房になっています。
搾乳したミルクが来る前に、ハールマンは、大きなステンレスの桶に、なにやらヨーグルトのようなものを入れていました。



搾乳したガラス瓶から出したミルクが入ったバケツは、お隣のチーズ工房の部屋に持っていきます。そして先ほど、ハールマンがヨーグルトを入れた桶の上に漉し器を通して直接桶の中に、ジャーっと!!!!!!!!
まだ、母乳の暖かさがある、そのままを!!!!!!!!
(日本ではあり得ません!日本は、搾乳されたミルクは集合タンクにパイプを通して集められ、即行冷やされ、その後熱処理で殺菌され、、、、大きなタンクを載せたトラックで雪印やよつ葉やという会社に運ばれ。。。ミルクパックにパックされ、スーパーに出る、、という流れが一般的です。尚且つチーズという発酵させるものに大しては、更に衛生法がうるさく、生ミルクで、それも搾乳室のとなりにチーズ工房があるなんてことは、日本の保健所の考えからいうと「ありえない!」の一言で一笑されることでしょう!が、これは当然のあり方なのです。日本のやり方の方が「あり得ない」のです。だって、ミルクって母乳ですよ。人間の母乳を殺菌して赤ちゃんに与える母親がいたら、私は失神してしまいますよ!?「母乳は完全食」です!!!)


漉した後。


チーズ作りに使わない残りのミルクは、このようにそのまま!牛乳パックに詰めるだけ。もちろんデメターシール付の生ミルクです!


近所で定期的に購入する方は、自分のミルクバケツをハールマンに預けてあり、それに2リットルとか3リットルとか決まった量を詰めていました。バケツには名前とリットル数が書いてありました。いいですね!エコ!



[このみ/ Konomi CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2012/02/16 17:00:22
Last Modified 2012/02/16 17:14:45

< 前のページ | このみ/ Konomi Campbell BackNumber | 後ろのページ >

コメントを投稿(Comment)

(コメントを表示する前に管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまでは表示されませんので、しばらく待ってください。)

名前(name):
(必須:ハンドルネームOK、実名OK)

URL:
(HPを知らせたい場合)

メール(mail address):
(連絡をとりたい場合)

コメント(comment):




ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
Contact us
May Peace prevail on Earth!


Copyright © 2008-2018 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com