ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
バイオダイナミック農業の生産物は、食べる人の人生の課題に気づき、行動する力を与えてくれると言われています。
ソフィア・ファーム・コミュニティはバイオダイナミック農業を実践し、心の栄養となる生産物を供給していきます。
ソフィア・ファーム・コミュニティの活動を通して、少しでも地球を癒せればと思っています。
皆様のお力をお借りして、野菜や動物を育て、環境に配慮し、
地球を癒す生き方にチャレンジする多くの方に、学びの場を提供できればと願っています。
どうぞ皆様、ソフィア・ファーム・コミュニティーの活動にご協力ください。

HP Top > 日誌Top > BD農業(BD farming)の実践 > 播種前にタネをバイオダイナミック調剤に漬ける方法@

< 前のページ | BD農業(BD farming)の実践 BackNumber | 後ろのページ >

2021/02/03
播種前にタネをバイオダイナミック調剤に漬ける方法@
[BD農業(BD farming)の実践Comment(0)]




BD製剤に種を浸す方法 by Hugh Courtney

畑で農作業を良く始めるための非常に価値のあるテクニックの1つは、種子を植える前に、適切なBD調剤をタネ浸剤として使用することです。
one very valuable technique to use in getting off to a good start in the garden is that of using the appropriate bd prep as a seed bath or seed soak prior to planting the seed.



このような処理は、購入した種子を使用する必要がある場合に特に役立ちます。ほとんどすべてが化学的背景に由来します。
Such a treatment is especially useful where one must use bought-in seed, almost all of which comes from a chemical background.

しかし、有機の種子でさえ、いわば、その宇宙の原型または「青写真」とのつながりを失っています。
However, even seed from organic sources has, so to speak, lost its connection to its cosmic archetype or "blueprint."

すでにあなたがBDのタネを持っていて、タネを浸す時間がある場合は、努力する価値があります。ただタネは宇宙の力に再接続するのに(そのタネの特性を固定するためには)数世代かかることを覚えておいてください。
If you already have bd seed, and keep in mind it takes several generations to reoconnect the seed to its cosmic forces, and you have the time to seed soak, it will be well worth the effort.

種子をよいBD調剤に浸すと、発芽の瞬間から宇宙とのこのつながりを再確立するのに役立ちます。
A soaking of the seed with the most suitable bd prp helps to re-establish this connection to the cosmos from the moment of germination.

タネBD浸剤を注意深くする場合、2つの主な利点に気付くことができます。
Where seed baths are used with diligence, two principle benefits can be noticed.

最初の利点は、発芽率がはるかに高いことです。 利点2は、実りが大変によくなることです。
The first benefit is that germination rates are much higher. Advantage number two is that fruit set is significantly greater.

この結実の改善は、マメ科作物の場合に容易に観察されます。
This improvement in fruit set is easily observed in the case of legume crops.

このタネBD浸剤技術は、BD栽培者によってまったくと言っていいほど活用されていません。
This seed bath technique is very much under utilized by bd growers in this country.

この手法の使用を増やすために、さまざまなソースから情報を収集し、便利な表にまとめました。
In an effort to increase the use of this technique, we have gleaned information from weveral different sources and have compiled them in a convenient tabular form.

残念ながら、現時点では、これらの情報源はすべて二次的なものであり、ヨーロッパで行われた元の調査はまだ英語に翻訳されていません。
Unfortunately, at this point, all these sources are secondary and the original research done in Europe has yet to be translated into English.

将来的には、この欠点を改善したいと考えています。
we hope to remedy this shortcoming in the future.

それまでの間、このテーマを扱った3つの異なるソースを使用しました。
In the meantime, we have used three different sources that deal with this subject.

・Castelliz: Life to the land, LanthornPress, 1980.
・Koepf、Pettersson、Schaumann:Biodynamic A、Anthroroposophic Press 1976
・Sattler&Wistinghanusen:BD farming practice BD agricultural Assoiciation 1992

この記事に登場するのは、主にこれら3つの情報源から学んだことを統合したものです。
What appears in this article is largely a synthesis of what we have learned from these three sources.

調剤をタネ浸剤として使用するには、通常の時間、BD方式でそれらを攪拌する必要があります。BD500は通常の1時間、507は好みの攪拌時間「オーソリティ」(つまり20分)です。
To employ the preparations as a seeed bath, one should stir them in the bd fashion for the usual time: the BD 500 for its usual one hour period and the 507 for the one's preferred stirring-time " authoruty".

堆肥調剤502番〜506番を使用する場合、1時間の攪拌時間を使用することもできますが、上記の情報源から、より「ユーザーフレンドリー」な方法が提案されています。
When the compost prepatations 502-506 are used, although the one hour stiring tuime could be employed, a more "user frendly" method is suggested by the sources mentioned above.

少量の種子の場合、選択した製剤の1ユニットを1パイントまたは2パイント(約500cc〜1リットル)の水に入れ、最大5分間激しく攪拌した後、20〜24時間放置します。
For smaller quantities of seed, one unit of the selected preparation is placed in one or two pints of water, stirred vigorously for up to five minutes and then allowed to stand for twenty to twenty- four hours.

別の簡単は方法は、実際の種子処理の直前に攪拌が行われます。
Another brief stiring is done just before the actual seed treatment.

一部の作物は、「(牛)糞水」(調製された糞、または502-507で処理された糞)または「樽堆肥(BC)」で処理されます。どちらも、その効果は樽堆肥に似ています。
Some crops are treated with "manure water" (prepared maunure, or manure treated with 502-507), or with "birch pit concentrate", both of which are akin to Barrel Compost in their effects.

そのような状況が発生した場合、表にBCを引用します。
When such instandes arise, we will cite BC in the table.

1つまたは2つのインスタンスが発生すると、シードバスの追加成分として全乳が提案されます。
On one or two instancces arise, whole milk is suggested as an additional ingredient in the seed bath.

浸漬に推奨される時間の長さは、通常10〜15分です。
The length of time recommended for soaking is generally ten to fifteen minutes.

パセリやニンジンなどのハードコーティングされた種子には、より長い浴を与える必要があります。
seeds with a hard coating, such as parsley or carrots, should be given a longer bath.

ただし、エンドウ豆や豆などの種子の場合、ソークが長くなると、種皮が剥がれ落ちて発芽能力が失われます。
However, with seeds such as peas or beans, a longer soak will cause them to slough off the seed coat and lose their germinating capability.

種子は、キッチンのザルを使用して排水するか、こし布袋などに入れたタネを浸剤に漬ける方法でもできます。
Seeds can be drained using a kitchen strainer or else they can be suspended in the bath solution in a cheese cloth bag.

浸剤から取り出したら、バスタオルまたはペーパータオルに広げて比較的急速に乾燥させることができます。
Once removed from the solution they can be spread out on bath towels or paper towels for relatively rapid drying.

処理後24時間から48時間以内に処理した種子を植えるのが最善です。
It is best to plant the treated seed within twenty-four to forryeight hours after treatment.

大量の種子の野外植栽には、多少異なる手法が採用されています。
For field planting of larger quantities of seed, a somewhat different technique is employed.

引用された3つの情報源のいずれでも、この手法の適切な説明を提供できます、だから私は読者にそれらを紹介しなければなりません。
Anyone of the three sources cited can provide an adequate description of the technique, so I must refer the reader to those.

特にバイオダイナミック農法におけるジャガイモの処理に関する推奨事項は非常に広範囲にわたるため、正確な詳細については、読者にその情報源を参照する必要があります。Recommendations for trearment of potatoes, especially in BiodynamicFarming Practice, are so extensive that i must also refer the reader to that source for the exact details.

一般に、BD500を使用したタネ浸剤方法は、特に根の発達に関する限り、事実上すべての作物に利益をもたらします。
In general, a seed bath with BD500 would benefit virtually all crops especially as far as root development is concerned.

しかし、主にマーサ・クエンツェルとフランツ・リッパートによってヨーロッパで行われた研究では、個々の調剤は、樽堆肥(マリアトウーンのBC)が使用された場合よりも効果的な方法で植物を強化することがわかりました。
However, in the research done in Europe, principally by Martha Kuenzel and Franz Lippert, individual preparations were found to enhance plants in a more effective way than was the case when a compound preparation, ie Barrel Compost, was used.

穀物は特にそれぞれが好ましい準備をしているように見えますが、シードバスでの私自身の経験により、どの準備がどの種子に合うかを思い出すための「迅速で簡単な」経験則を進化させました。
Although cereals especially seem to each have a preferred preparation, my own experience with seed baths has led me to evolve a "quick and easy" thumb rule to rememer which prep goes with which seed.

提供されている表は、次の経験則の例外を簡単に識別します。マメ科植物とアブラナ属-503
the table provided will readily identify the exveptions to the following thumb rule: Legumes & Brassicas- 503

レタス作物505
luttuce crops 505

果樹(マメ科植物を除く)507
Fruit crops (other than legumes) 507

表の推奨事項を分析すると、準備501、506、および508がリストされているものの中にないことがすぐにわかります。
An analysis of the recommendations in the tabel will quickly reveal that preparation 501, 506 and 508 are not among those listed.

数年前、私が複製したことのないトウモロコシ(トウモロコシ)を使った「ズボンの座席」シードバス実験で、501と506の組み合わせで処理されたプロットで最良の結果が得られたと感じました。
Several years ago, in a "seat of the pants" seed bath experiment with corn(maize) which I never replicated, I felt that I obtained the best results with the plot that had been treated with a combination of 501 and 506

その特定の区画は、さまざまな異なる処理を受けた他のいくつかの区画と比較して、収量が高く、タバコガの被害はほとんどありませんでした。
That particular plot had a higher yield and almost no corn ear worm damage in comparison to the several other plots that had received a variety of different treatments.

シードソークのこの領域では、はるかに多くの実験が望ましいようです。
Much more experimentation seems desirable in this area of seed soaks.


参考 https://www.biodynamics.com/sites/default/files/Seed%20Soaks%20wtih%20the%20Biodynamic%20Preparations%20-%20Courtney.pdf


<別のタネ浸剤の方法 Steven Adams>

私は、混合調剤について疑問に思ってバイオダイナミック農法から始めました。
I started out in biodynamics wondering about mixing preparations.

さまざまな意見を聞いていましたが、それらを混ぜることでうまくいくと思いました。
I had heard differing oponions, but decided that mixing them worked for me.

私がタネ浸剤を使い始めたとき、調剤500番、樽堆肥、および調剤508番スギナを使用しました。
When I starte to work with seed soaks I used horn manure 500, barrel compound prepatation, and equisetum 508.

私はまた、特定の種子のための特定の準備を使用して、上記のヒュー・コートニーの手順を試しました。
I also tried the procedure Hugh Courtney mentions above, usong specific preparations for specific seeds.


私は時々、特定の植物で特定された特定の準備と組み合わせて混合物(500、BC、508)を使用しました。
I sometimes would the mixture( 500, BC, 508) in conjunction with a specific preparaation that had been idndtiied with a particular plant.

現在、私は記載されている3つの製剤のみを使用しており、それらを組み合わせて使用することで、丈夫で健康的な苗木ができたと感じています。
Currently, I use only the three preparations noted and feel that using them in combination has resulted in strong and healthy seedlings.


私はシードソークを行うための別のテクニックを考案しました。
I hve worked our a different technique for doing seed soaks.

苗床にくぼみや小さな溝を作り、種を蒔きます。
I make indentations or small furrows in my seedling flats and plant the seeds.

500が入っていても、時々20分間だけ混合物をかき混ぜます。
I stir my mixture, sometimes for only twenty minutes even though 500 is in there.

それはタイミングの問題であり、春にすべてを成し遂げようとすることです。
It is a question of timing and of trying to get everything done in the spring.

かき混ぜた後、私は混合物を背負い噴霧器に入れ、苗を平らに水をまき、かき混ぜた調剤で全体を本当に平らに浸しました。
After stirring, I put the mizture in my backpack sprayer and water the seedling flat, really soakung the whole flat with thestirred preparation.

時々私はじょうろで混合物を均一にし、苗箱に水をやりました。
At times I have even out the mixture in a watering can and watered the flats.

水をやった後、苗土を種子に軽く覆います。
After watering, I take more potting soil mix and ocover the seeds lightly.

私も庭でこれと同じ方法を使います。
I also use this same method in the garden. 

エンドウ豆や豆の種皮がはがれるので、種をまくのは使えません。
One cannot use a seed soak with peas or beans, as their seed coats will pop off.

クワで作った畝間にエンドウ豆や豆を入れ、背負い噴霧器で畝全体を浸し、土で覆います。
I place the peas or beans in a furrow I make with a hoe, take the backpack sprayer and soak the whole furrow, then cover it with soil.

種まきカレンダーを使用している場合は、効果を最大限に発揮したいとき(適期)に種子を浸してみることをお勧めします。
If people are using a planting calendar I would suggest that they try to soak seed at the time they want to get the most effect.

月/土星の影響を受けようとしている場合は、カレンダーに記載されているように、種子浸剤するときをできるだけ反対側に近づけて(つまりその時期を外して)ください。
If one is trying to get the influence of moon/Saturn, soak seed as close as possible to their opposition, as noted in the calendar.

特に有利な日に植えることができない場合は、逆に種子を浸して(種子を布に入れて水に沈める)、それからタネを完全に乾かしてください。
If planting them isn't possible on a particularly advantageous day, one might even want to soak seeds the other way ( placing the seeds in cloth and submerging them) and then let them dry out.

その後、より都合の良い時間に種子を植えることができます。
The seeds can then be planted at a more convenient time.




じゃがいもについては、播種前にタネをバイオダイナミック調剤に漬ける方法Aをご覧ください。
(準備中です。しばらくお待ちください汗)

5反以上の面積に必要な散布用調剤(500番、501番、BC)、
または堆肥用調剤(502〜507番)をご希望の方は、
HPトップの「BD農業」の「調剤お分けします」に必要事項をお書きの上、ご連絡ください)


調剤を使うことで地球を癒すことが、私たちの願いです。
ありがとうございました。

調剤作りのワークショップも春、夏、秋としております。是非ご参加下さい。
詳細は、HP、フェイスブック、Instagramなどをご覧ください。

Facebookソフィア・ファーム・コミュニティ

Instagramソフィア・ファーム・コミュニティ

ソフィア・ファーム・コミュニティのメルマガ登録 もよろしくお願いします!)


バイオダイナミック研修生 募集 !

ファーム内で起こっている外作業の色々な動画を上げやすくするため、
1000以上のチャンネル登録を目指しています!
チャンネル登録をよろしくお願いします!
YouTube ソフィア・ファーム・コミュニティ




[BD農業(BD farming)の実践Comment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2021/02/03 07:21:08
Last Modified 2021/02/23 15:42:01

< 前のページ | BD農業(BD farming)の実践 BackNumber | 後ろのページ >

コメントを投稿(Comment)

(コメントを表示する前に管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまでは表示されませんので、しばらく待ってください。)

名前(name):
(必須:ハンドルネームOK、実名OK)

URL:
(HPを知らせたい場合)

メール(mail address):
(連絡をとりたい場合)

コメント(comment):




ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
Contact us
May Peace prevail on Earth!


Copyright © 2008-2021 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com